浮気問題 身を守ることの重要性。 - 総合探偵事務所ミツイ探偵オフィス | 山口県全域対応 | 浮気調査・対人トラブル全般 | 山口市,防府市,周南市,宇部市,山陽小野田市,萩市,下関市などの弁護士・法律事務所とも提携

浮気問題 身を守ることの重要性。

ある日、自身の配偶者が浮気をしていることに気付いたとしても、そのまま法的に有効な証拠を用意せず、突然浮気をしている側から「離婚したい」を切り出される場合もあるでしょう。理由はもちろん「浮気相手の元に行きたいから」です。
  
こんな時、浮気の証拠さえ押さえていれば不貞行為をした配偶者は有責配偶者となり、基本的に離婚の申し出はひとまず認められなくなります。ここで逆に証拠が無かった場合どうなるでしょうか。いくら後から疑惑を訴えたところで証拠が無ければどうしようもありません。財産の分与や子供の親権問題があれば猶更ですが正直に「実は自分は浮気をしていた。浮気相手の元に行く。」と言うことはまずありません。「正直に言えば貴方を傷つけるから」などと自分に都合の良いことを考え、性格の不一致などと本来浮気をされ苦しんでいる筈の貴方にも責任があるとされるケースも充分にありえます。
  
「パートナーに愛想を尽かさせている人」だけではないのです、「離婚をしたくない人」「判断に迷っている人」も浮気の証拠という切り札に持つことで自分の人生を守ることができるのです。
  
不貞行為の証拠は3年間有効です。現時点では許しても、もし今後の貴方が離婚をしたくなった時に「証拠」があれば当然話は有利に進められます。慰謝料に関しても相応額を正当に受け取れますし、配偶者の浮気相手から慰謝料を取ることも可能になってきます。もちろん離婚をしない場合でも浮気相手から慰謝料を取れます。更に再構築中に再度浮気をされた時、今回だけの話ではなく継続して浮気が行われていたことの証明にもなります。
  
この様に浮気の証拠はそれに気付いた時点で離婚の意思の有無を問わず必要なものなのです。本来被害者である「貴方がつらい思い(損)をする、貴方だけが悪者にされる」、そんな状況を回避する為に当社ミツイ探偵オフィスはあります。

PAGE TOP